忍者ブログ

LOOKな自転車 - MTBルック自転車

ルックな自転車。メーカーのLOOKじゃないよ。

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
KIRONに移植するために、avisports A-101からSTIを外す作業を実施したよ。

STIのかわりに、以前使っていたTEKTRO RL520(ブレーキレバー)を引っ張りだしてきて装着し、購入したものの使っていなかったシマノSL-TX30-7R(シフター)を装着した。

avisports A-101のギアカセットは8速なんだけど、SL-TX30-7Rは7速対応品なので、7速分しか使えない状態になっちゃったけど、とりあえずこれで我慢することにした。KIRONに色々と投資しちゃったので、avisports A-101への投資は、しばらく自重しなくちゃね。

とか言いながら、ヤフオクを見ていたら、ミシュランのスピーディアム2(タイヤ)が一本1100円で売ってるじゃないか。avisports A-101で使っているシュワルベルガノは、ガラスを踏んで裂けたところがあったり、ひびが入ってたりしていたので、そのうち交換しなくちゃなーと思っていたところだったので、思わずポチッとしちゃったわけですよ。でも、CRCで買えば830円で買えるので、送料無料分の買い物をする予定があるなら、CRCから買った方がいいかもね。ねごさんは、送料無料分の買い物をする予定がなかったので、ヤフオクで買っちゃったわけですよ。

このタイヤは、ロードバイクのママチャリタイヤと呼ばれるくらい、頑丈で長持ちするらしい。そして重くて転がらないらしい…。

実物が届いてみると、パッケージの外装がPRO3 RACEと同じ材質・形状だったので、思ったよりも商品としての印象が良かった。もちろん印刷・デザインは全く違っていて、PRO3 RACEは高級っぽいデザインになっているけど、スピーディアム2は庶民的なデザインになっていた。スピーディアム2のパッケージには、サスペンションのイラストが描いてあるんだけど、このタイヤは、サスペンションのように衝撃を吸収する性質を意味しているらしい。PRO3 RACEのパッケージには、そんなイラストはなかった。

さて、肝心のタイヤは、センター部分がスリックになっていて、評判よりも転がりそうな感じがする。センター部分にまで網目が入っていたシュワルベルガノよりも転がるんじゃないだろうか。交換するのが楽しみだ。



avisports A-101からSTIレバーを外して、2日ほど通勤に使ってみたんだけど、やっぱり不便だね。手もとで変速できないのはストレスが溜まるよ。なんとかならないかなーと考えていたら、「ブルホーン」という単語が頭をよぎった(笑)

ブルホーン化するとしたら、ハンドル、ブレーキレバー、シフターを用意しなくちゃいけないね。新品でそろえると結構な金額になっちゃうので、そんなことするならSTIを追加購入した方がよさそうだね。シマニューロ化もやってみたいし…。でも、ブルホーン化はしてみたいなー。

ドロップハンドルのドロップ部分を切って、天地を逆にすればブルホーンハンドルっぽくなるよね。そこに、MTB用のデュアルコントロールレバーをつければ、結構使えるのではないだろうか。例えばドロップファイヤを先端に取り付けて、ST-EF51-8-2Aを装着すればどうだろうか。やってみたいなー。

拍手[1回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
注文していた部品が到着!届いた部品は、センタースタンド、aceraグレードの前後Vブレーキ、SILVAのバーテープ。

■センタースタンド
スタンドを立てたときに、クランクにぶつからないセンタースタンドが欲しかったので買ってみたんだけど、現物を合わせてみたら装着できないことが判明した。

(1)実はセンタースタンド取り付けねじ穴がフレームにないと取り付けできない製品だった!(笑)
ATOMICサイクルのブログには、そんなことは書いてなかったんだけどね。これは罠ですか…。

(2)チェーンに干渉する
結局、もともと付いていたセンタースタンドの部品を流用して、取り付けできたんだけど、センタースタンドの足がチェーンに干渉してしまう。


ということで、色々悩んだ挙句に、M10x150サイズのボルト、スペーサー、ワッシャーを買ってきて、無理やり取り付けしてみたよ(笑)
ちょっと不格好だけど、使い勝手は最高だね!安定性抜群だし、足の長さを調整すれば、後輪を浮かすことも、前輪を浮かすこともできる!メンテナンスが楽になったよ。

写真がパソコンに取り込めたら、後で掲載するよ。

■Vブレーキ
aceraグレードのVブレーキなので、しょぼいのは覚悟の上で交換してみた。見た目はよくないけど、流石にブレーキの効きはいいね!それに元々ついていたPROMAXのブレーキに比べると、取り付けが楽だった。流石シマノ製品だね。
これで、avisports A-101純正部品は、フレームだけになってしまった…。ガクガク、ブルブル。

■SILVAのバーテープ
三度目のバーテープ巻き!流石に三度目ともなると慣れたもので、手際良くバーテープを巻いていく…。ところが、油断していたようで、巻いたバーテープの握った感触が、ふわふわして気持ち悪い感じになってしまった。そして、巻きなおしする事に…。何度やっても下手だね。
今回購入したSILVAのバーテープは、穴加工がされていて、ネットの情報では強く引っ張ると裂けるなんて書いてあったんだけど、結構丈夫に作られていて裂けることはなかった。
前回巻いたOGKのコットンバーテープと比較すると、表面が繊維っぽくてグリップ感が強い。素手で触った感じはOGKのコットンバーテープの方が断然いいけど、グローブ越しの感覚では、SILVAのバーテープの方がいい感じだった。

そして、SILVAはバーエンドキャップが凄くかっこいい。



センタースタンドが取り付けできなかったときは、自転車部品の肥しがまた増えた…と、がっかりしたけど、なんとか取り付けできたし、念願のクランクにぶつからないセンタースタンドが実現できたので結構満足したよ。

ブレーキも、調整しやすくなったし、安物だけど満足できた。これでフレーム以外全部交換したわけだね。さて次は、どうしよう…。フレームに行っちゃうか…。

バーテープ交換は楽しいね。安いし、満足度も高いし、病みつきになりそう…。


それで…。

コツコツとavisports A-101を改造してきた裏で、ロードバイク貯金を、これまたコツコツとやっていたら、なんだかロードバイクが買えそうになったので、震災が落ち着いたらロードバイクを買うことにしたよ。さて何を買おうか…。

拍手[1回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
avisports A-101を700C化した際に、スタンド長が足りなくなって、自立させた時の傾きが大きくなっていた。だましだまし使っていたけど、ちょっと危なっかしいし、スタンドを出したままでクランクを回せない事が不便だった。

そこで、スタンドを出したままで、クランクを回せるセンタースタンドはないかなーと調べていたら、よさそうな製品を発見!ハンパートのアジャスタブルセンタースタンドっていう製品。
ATOMIC サイクルに紹介記事が載っているのを見て、買う気満々になった(笑)それで早速ATOMICサイクルに発注してみた。ついでに、SILVAのバーテープと、シマノのVブレーキも発注。

Vブレーキは以前から、変えたかったんだけど、ドロップ化やらフォーク交換やらで、後回しになっていた。今回、ブレーキシューが大分減って、音が鳴るようになってきたので、ついでにブレーキ本体も交換してしまうことにした。

バーテープも、大分汚れてきたので交換することにした。やっぱり白は直ぐに汚れてしまうね。半年に一回ぐらい交換しないと駄目なんじゃないだろうか。OGKのコットン風バーテープは、かなりお気に入りなんだけど、いろんなメーカーのバーテープを試してみたいので、今度はSILVAのモルビダン・フォレロ(穴加工がしてある製品)にしてみた。

色は、懲りもせずに白を選択(笑)

本当は、フィジークを試したかったんだけど、ATOMICサイクルのヤフー店には在庫がなかった。楽天店には、在庫があったんだけど、楽天店はクレジットカード決済ができない…。不便だね。

ゴールデンウィーク明け頃に、長距離を走る予定なので、avisports A-101を旅仕様に改造中。今度は、リアバッグを購入しなくちゃ。

できれば、2泊3日ぐらいの日程で三陸海岸を北上して、被災地の状況を肉眼で見たいと思っている。良い出来事も、悪い出来事も、同じ時代で起きたことなのだから、しっかりと自分の目で見て、記憶にとどめておきたい。

拍手[1回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
忘れないうちにメモメモ。

■2010年11月 フロントフォーク
交換したフロントフォーク「空手モンキー」が快調!
交換前は、18.4kgもあった車重が、17.0kgまで減った!
工具類、ポンプ、サイクルコンピューターを外せば、500gくらい減るから、
カタログスペック的に言えば、16.5kgといったところかな。
1.4kgも減ったので、加速が楽になったよ。

■2010年12月 リアディレイラー購入
新ALIVIOが出るというので、在庫が無くならない内に、8速用のALIVIOグレードのリアディレイラーを購入。
交換はまだ。暖かくなって雪の心配が無くなったら、交換しようかと思う。

■2011年1月 ワイヤーロック購入
今まで使っていたスポーツデポブランドのワイヤーロックを、走行中に落としてしまって紛失してしまったため、安くて丈夫そうなロックを探していたら、
あさひブランドのワイヤーロックを見つけたので購入。

■2011年1月 怪しい中国製サイクルコンピューター交換
2010年12月から速度が表示されなくなったので、キャットアイのVELO8に交換。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
おかしいなー。こんなに忙しいなんて…。ブログが書けないじゃないか…。

さて、愚痴はさておき、フォーク取り付けの続き!

今回は、なるべく簡単に取り付けするべく、スターファングルナットの代わりに、プレッシャーアンカーを用意した。購入したのはBBBの製品。スペーサーもBBBを購入した。ヘッドパーツは、リッチー製。


取り外したフォークと、これから取り付けるKARATE MONKEYとの比較写真。KARATE MONEYの方が全体的に大きいね。


さて、ここから取り付け開始!まずはクラウンレースを取り付ける。本来は専用工具で圧入するんだけど、今回はエンビパイプで叩いて入れてみた。

ところがこれが入らない。叩けど叩けど、斜めに入ってしまう…。
ここでねごさん、ちょっと心が折れそうになった。実は、今回の作業で一番簡単な作業だと思っていたのが、この作業だったのだ!

このままじゃ、先が思いやられるな…。


でも、ねごさんは閃いた。外国製のパーツは精度が甘いことが多いから、たぶん寸法があっていないんだ…。ということで、クラウンレースの内側をやすりで削ってみた。そーれ、ガンガンガンと叩いてみたら、ちゃんと入ってくれた。やったね。


次はヘッド部分の圧入。こっちは、そう簡単にいかないだろうなーと思いつつ、ネットで見た方法で圧入してみる。


あれ?結構簡単に入ったよ。ここでねごさんは、調子に乗ってきた。


次は、コラムカットだ。一度フォークをセットして切る長さを決める。
パイプカッターを持っていないので、金ノコでガンガン切る!!

あーっ!固いなー。切れないなー。さすがクロモリだね。
がんばって切ること30分。やっと切れた…。


次は、フォークを固定するよ。あれ?コラムスペーサーが足りない…。


調整を進めていくと、もっと足りなくなる。あれ?(汗)


仕方が無いので、近所のスポーツデポで、カーボン製コラムスペーサーを買ってきた。無駄にカーボン(笑)普通のアルミでよかったんだけど、黒いのがこれしか無かったんだよね。


で、こうなった。


さてさて、とりあえず付けてみたけど、実際に走ってみるとなんだかおかしい…。次回は、問題点と、その調整方法を書くよ。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
<< 前のページ   HOME   次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
plugin_top_w.png
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村 自転車ブログへ
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
ねご
性別:
男性
自己紹介:
今年は忙しくて自転車イベント系は、参加すくなめかも。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク
LEGON
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新CM
[07/09 ねごさん]
[07/07 DG-WORKS]
[07/07 ねごさん]
[07/06 DG-WORKS]
[04/25 ねごさん]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新TB
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
アクセス解析
plugin_bottom_w.png
Copyright LOOKな自転車 - MTBルック自転車 by ねご All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]