忍者ブログ

LOOKな自転車 - MTBルック自転車

ルックな自転車。メーカーのLOOKじゃないよ。

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
TREK7300のパンク修理。フロントホイールからタイヤをはずして、チューブ交換。ちょっと前にやったミシュランPRO3に比べれば簡単。


チューブの根元が、こんな風に割れてた…。空気圧オーバーだったのかな。


TREK7300の純正チューブはチェンシン製だった。


そしてバイクタワーが到着。早速設置して、自転車をつるしてみた。


BeONEを吊るしてまじまじと見ていると、タイヤの指定空気圧が妙に高いことに気づいた。いままであまり確認しないで8気圧を入れてたんだけど、このタイヤは8気圧から12気圧が指定されていた。


KIRONは、ほとんど完成したよ。バーテープを巻いてペダルをつければ乗れる状態になった。来週末に晴れたらシェイクダウンだ!楽しみだー。

拍手[1回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
TREK7300の前輪がパンクしてたよ。まだチューブを取り出していないので、何が原因かわからないんだけど、空気をいれてみたらバルブ付近から空気漏れの音がするので、後輪のときと同じくバルブの根元が裂けたんじゃないかな。前輪と同じ理由でのパンクだとしたら、同時期にパンクするなんて、耐久性はともかく凄い品質だ(笑)

KIRONは、部品は全部そろったんだけど、部屋の置き場所が確保できていないので、そのまま放置中。部屋を整理しなくちゃね。

震災で壊れた書棚を捨てたら、本を置くスペースが無くなって、床に本を積み上げている状態になっているので、自転車置き場の確保どころじゃない。

TREK7300も外に置いている状態なので、ここでKIRONを組み立ててしまったら、部屋がカオス状態になってしまう(笑)そこで、ミノウラのバイクタワーを注文してみたよ。2台を吊り下げて収納できるので、ねごさんの狭い部屋も、有効活用できるようになるはず。部屋はせまいけど、天井は割と高いんだよね(笑)

拍手[1回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
TREK7300のパンクを、そのまま放置しておくのは忍びないので、チューブを入手できないかと、インターネットで探してみたんだけど、仙台への配送は、どこのサイトも停止していて、通販では手に入らない。

じゃあ、店で買おう!と思っても、その店が開いていない…。と思ったら開いていた(笑)

仙台のingという店でシュワルベのチューブを購入してきた。

ここで、ねごさん、ちょっとミスしちゃった。
TREK7300のタイヤサイズは、700C/35Cなんだけど、SV19っていう 700C/38C~42C用のチューブを購入しちゃったんだよね。

なぜか、チューブを物色しているときに、TREK7300のタイヤは、700C/38Cだと勘違いしていたことが原因。地震の影響で頭がおかしくなったんだろうか…。

まあ、ワンサイズ違うくらいなら、使えるだろう…。

で、チューブ交換を実施したよ。

TREK7300のチューブ交換は、初めてっやったんだけど、タイヤのビードが固いのなんの…。avisports A-101のタイヤなら、タイヤレバーを使わなくても、タイヤが外せるっていうのに、タイヤレバーを使っても、なかなか外せなかった…。

四苦八苦してタイヤを外して、チューブを取り出してみると、チューブがタイヤにびっちりと貼りついている…。まるで接着されているかのようだった。

そして、パンクの原因を探ると、バルブの根元が裂けていた。こんな裂け方をしたチューブは直しても、すぐにパンクしちゃうんだろうな。ということで廃棄決定。

廃棄する前に、シュワルベのチューブと比較してみる。ぱっと見た感じでは、双方に違いはあまり見られないけど、じっくりと見ると細部の仕上げが全く違う。特にバルブ付近の仕上げがシュワルベの方が安心感がある。

TREK7300についていたチューブは、どうみても、品質がいいとは感じられない。こんなところに、コストダウンのしわ寄せが来ているのかな。今回はリアのチューブだけ交換するんだけど、近いうちにフロントのチューブも交換しておこうっと。

さて、サイズ違いのことなんだけど、あまり苦労することなくタイヤに収まってくれた。どうやら大丈夫なようだ。

今回、ホイールからタイヤを外して、まじまじとホイールを見ることができたので、いろいろと収穫があった。

(1)TREK7300のホイールは、めちゃくちゃ重い!そのかわり、めちゃくちゃ丈夫!スポークの太さ、リムの肉厚、どれもこれもがっちりしている。

(2)リムテープは、リッチー製品が使われていた。ここをケチって、安いゴム製の製品を使っちゃうと、リム打ちの原因になるので、さすがにケチれなかったのかも。

(3)タイヤを外したら、フレームは軽かった。

(4)でも、フロントフォークは重い。


無事にチューブ交換を済ませて、12kmほど試走してきた。試走といっても、食材の買い出しに行ってきただけなんだけどね(笑)

TREK7300に乗るのは、実に5カ月ぶり!久しぶりに乗ったら、アップライトポジション過ぎてびっくりした。以前は、これでも前傾がきついと思っていたんだけど、上半身が起きすぎていて漕ぎにくい。足の力が活かせない。座骨を立てようとすると、ハンドルが近すぎて変な感じになってしまう。

長距離を走れる自転車じゃないことを再認識した。

でも、フロントサスペンションはいい!段差を越えるときのソフト感は体に優しい!低速から中速までは足に掛かる負担が凄く少ない!街中を走る分には、TREK7300はいい自転車だと思う。ねごさんは、TREK7300好きだなー。

拍手[1回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
TREK7300に、シマノWH-R500ホイール+シュワルベLUGANO23Cタイヤでテストツーリングに行ってきたよ。

先週と同じ七ヶ浜に行く予定を変更して、松島から利府町に抜けるコースを走ってきた。走行距離は約50km。写真を一杯撮ろうと思っていたら、カメラにメモリーカードが入ってなくて、ねごさん涙目(笑)

今回のテーマは、「TREK7300に、軽量なホイールと細いタイヤを装着したら速く走れるのか?」ちなみにWH-R500は、入門者向けホイール的な製品で、お世辞にも軽いとは言えない。業界的には、重いホイールに分類される。

しかし!TREK7300標準のホイールは、もっと重いので、現状に比べれば十分軽いのだよ!

さてさて、ここで、当たり前のように「WH-R500を装着した。」なんて書いたけど、実は色々と問題がある。TREK7300はクロスバイクなので、リヤホイールのエンド幅は135mm。WH-R500は130mm用なので、そのままでは装着できない。
avisports A-101には、色々と工夫して装着した訳だけど、TREK7300に装着する場合にも、工夫をしないと装着できないか!?

で、実際に装着してみたら、やはり問題が起きた。
実は、エンド幅の問題よりも、チェーンラインのずれの方が問題だった。

最初、シャフトの両側に、2mm厚のワッシャーをいれてホイールを装着してみたんだけど、8段中7段しか変速できなくなってしまった。一番大きいギアにチェーンが移動できない状態。

ディレイラーを調整すれば、正常になることは分かっているけど、ワイヤーセッティングは崩したくないので、ワッシャーを左側に2枚いれてみた。そうすると8段全部使えるようになった。

もちろん、タイヤのセンターが右に寄ってしまうので、Vブレーキの調整をしないとイケないわけだけど、ディレイラーのワイヤーセッティングに比べれば、ブレーキの調整の方が遥かに楽だ。

それで、入れてみたのが下の写真群。


ワッシャーでセンターを調整していれたホイール


全体像
やっぱり、太い35Cタイヤの方が、TREK7300には似合うなー


後ろから
でも、後ろ姿は結構いい



結局、ホイールの入れ替えに1時間ぐらい掛かってしまった。外は暑くて試走にいく前から、ねごさん汗だく…。そして、いそいそと着替えて、試走に出発。

TREK7300はしばらく乗っていなかったので、違和感を感じる…。足に力が入らない…。色々と検証してみた結果、ポジションのせいだと結論をだした。ドロップハンドルに慣れちゃうと、フラットバーには戻れないようだ…。

それでも、ふとサイクルコンピューターに目を向けると33km/hの表示。

おや?速いね…。

いつも28km/hぐらいしか出ないので、やっぱりホイールとタイヤの効果はあるようだ。もちろん、最近のねごさんは脚力も上がってきたので、そのおかげかもしれないけど…。avisports A-101の場合は、同じ道路で30km/hぐらいしか出せないから、やっぱりTREK7300の方が速いことになるね。

avisports A-101とTREK7300の重量差は約4kg。もっと軽くなれば、どのくらい速度に影響するんだろう…。カーボンフレームのロードバイクで検証してみたいなー。

そんな検証をしているうちに、あっと言う間に松島到着。休憩もそこそこに、利府町方面へ向かう。ここで、想定外なことが目前に迫ってきた。

はるか遠い昔の記憶によれば、利府町方面への道は、ゆるやかな坂道だったはずなのだけど、ねごさんの目の前に伸びる道は、急な上り坂…。しかも長い。モーターサイクルで走ったときは、勾配なんて気にしないから、そんな曖昧な記憶しか残っていなかったんだね。自転車でこの坂道を目の前にすると愕然とする。

とはいえ、登山するわけじゃないので、そんなに長い坂道じゃないはずだ。気を取りなおしてねごさんは、坂を登り始める。

これが甘かった。なんだ、結構長いじゃないかっ!


短距離だと思って最初から飛ばしたのがたたって、ゼーゼー言いながら坂を登る。ああ重い!自転車が重いよー。「カーボンバイクをねごさんに与えたまえっ!」なんて思いながら頂上へ到達。そして、坂を下った公園で休憩することにした。


途中休憩した公園で
この時、デジカメにメモリカードが入っていないことに気づいた。この写真は携帯で…。




ここからは、緩やかなアップダウンが続き、順調に利府町に到着した。利府町のマクドナルドで、テリヤキバーガーセットを食べて再出発。

上り坂で足を使ったせいか、スピードが上がらない。26km/h前後で走り続ける。その後は何事も無く自宅に到着。


さてさて、検証結果だけど、WH-R500とLUGANO 23Cのセットは、TREK7300でも十分な性能を発揮してくれたと思う。

交換すると顕著に違いがわかるので、交換しがいのある部品だね。でも!TREK7300には、35Cタイヤでいいやっ!というのが、ねごさんの結論。MTB寄りのクロスバイクには、このタイヤとフロントサスペンションが最高にあってるのさっ!

あ、でもでも、交換すると確実に速くなるよ。



ついでにうちの、にゃんこ

拍手[6回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
2ちゃんねる自転車板の宮城スレッドで、電動デュラエースのデモ車が、ゼビオスポーツにあるというので行ってみた。

今回は、前回記事に書いた体力測定も兼ねる予定だったんだけど、強風の向かい風で最高速アタックどころじゃなかったよ。それでも、色々と試してみた。

久しぶりに乗ったTREK7300は、軽い!

あれー?おかしいなーこんなに軽かったっけ?と思わず疑ってしまうほど軽く感じられたよ。それほど、avisports A-101は重いということかな…(汗)

車体だけじゃなくて、ペダリングも軽やか。ビンディングペダルがついていないのに、くるくる回るし、変速もスムーズ。こんなに乗りやすかったんだね。なんといってもポジションが楽だし。

さてさて、肝心の体力測定なんだけど、前述の通り向かい風で最高速アタックはできなかった。それでも、向かい風の中をスイスイ漕げるようになっていたのは、筋力が上がったからだろうか。それに、前に比べたら息も上がらないし、多方面で体力アップが感じられた。

うーむ、これはavisports A-101という重い鉄下駄で、毎日トレーニングしてるからなのだろうか…。

ちなみに向かい風の中で測定した最高速は45kmだった。同じ場所で、avisports A-101では、50km/h出してるから、TREK7300なら、もっと伸ばせるはず。

でも、バーハンドルとドロップハンドルの差って、結構大きいと思う。ドロップハンドルの方が、体重を乗せやすいので、平均トルクは、ドロップハンドルを付けているavisports A-101の方が大きいと思う。だから、TREK7300では、50km/hに届かない可能性もある。

さてさて、電動デュラエースなんだけど、これは、面白い。特にフロントディレイラーの変速がスムーズなのは感動した。

電動なんて、いらないだろうって思ってたけど、普及版が出て、手が届く値段だったら、ちょっと欲しくなってしまうかもしれない。

実際に見てみると、かなり惹かれる製品だと思う。でも高いよ(汗)

シマノつながりってことで、釣り用具の電動リールもいらないだろうって思ったものだけど、いまじゃかなり普及してるらしくて、使っている人も多いらしい。


今日は21kmぐらいしか走行していないけど、TREK7300で走るのは気持ちいい。

春になったら、TREK7300で長距離を走りたいな。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村 自転車ブログへ
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
ねご
性別:
男性
自己紹介:
今年は忙しくて自転車イベント系は、参加すくなめかも。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク
LEGON
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新CM
[07/09 ねごさん]
[07/07 DG-WORKS]
[07/07 ねごさん]
[07/06 DG-WORKS]
[04/25 ねごさん]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新TB
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
アクセス解析
plugin_bottom_w.png
Copyright LOOKな自転車 - MTBルック自転車 by ねご All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]