忍者ブログ

LOOKな自転車 - MTBルック自転車

ルックな自転車。メーカーのLOOKじゃないよ。

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
​スペシャライズドのヘッドパーツについて。
結構悩んでる人がいると思うので、何かの参考になれば。

注意!
・ここで紹介する方法は、メーカーが保障するものではありません。

・ヘッドパーツは重要な部品であり、ちゃんと整備しないと非常に危険です。

・自転車屋さんで、メーカー指定のパーツを注文して取り付けて貰う方法がベストです。自分で整備する自信がない人は、スペシャライズド販売店の自転車屋さんに依頼してください。




この写真のフレームは、スペシャライズドのTC Sport 2009モデル。
ヤフオクでフレームのみの状態で手に入れたもの。小物パーツが少しと、純正品ではないFSAのヘッドパーツが付いていた。

ヘッドパーツが付いているならフォークを別途入手すれば、ポン付けできるだろうと思っていたんだけど、こんなに苦労することになるとは思っていなかった。

付いていたFSAのヘッドパーツはよくあるインテグラルヘッドのスタンダードなものだった。TC Sportのカタログを見るとインテグラルヘッドと記述があり、装着には問題ないはずなんだけど、実際にフォークを装着してみると全く合わない。無理矢理つけるとフォークの動きが渋くて動かない。

一体、TC Sportに合うヘッドパーツってなに?

色々調査するうちにTC Sportのデータシートを見つけた。その中にヘッドパーツのシールドベアリングに関するデータが載っていたので、データに準じたシールドベアリングを用意した。しかし、これもダメ。

さらに調査すると、純正品のヘッドパーツはSpecialized Mindsetという製品で、部品構成が一般的なインテグラルヘッドとは違うことがわかった。

どうやら↓これのことらしい。ベアリングの形状が一般的ではない。ナニコレ



カタログ中にはインテグラルヘッドと書いてあるのに、実はインテグラルヘッドではあるけど、一般的なインテグラルヘッドではないモドキだったという訳だ。

色々検索しているうちに、フレームのヘッド内に圧入してあるワンを外せば、一般的なインテグラルヘッドが装着できる事がわかった。しかし、ハンマーで叩いてもビクともしない。フレームをしっかり固定できて、大きな音を出しても大丈夫な施設でもないと到底無理。そんな施設があっても大きな力をかけたらフレームを破壊してしまうかもしれない。

そこでなんとかならないものかと手持ちのヘッドパーツからパーツを組み合わせて試行錯誤してみたけど、どうやっても無理。

スペシャライズドの奴めーと、幾度となく恨み節を口にした。


ふと、道具箱を見ると鋼球が入っていた。ホイール用のベアリングだ。ちなみに1/4サイズが144個で469円。3/16サイズが289円。モノタロウで買える。



フレームのヘッド内にはワンが圧入してある。ということは、これを受け皿代わりにして鋼球を入れればいいんじゃないかな?

データシートにはシールドベアリングの数値が載っていたけど、シールドベアリングを使うならワンはいらないはず。ワンが圧入されているのは何故?

よし!試しに鋼球を入れてみよう!





まずはΦ1/4インチの鋼球をいれてみる。ワンに鋼球をくっつけると、フォークが通らない。
次はΦ3/16インチの鋼球をいれてみる。おー!いい感じだ。フォークとヘッドの隙間もちょっと広いけど悪くない。





これはひょっとして、ぴったりなのでは!

ホイールを装着してゆすったり、振動させてもガタガタしないし、動きも渋くない。
(ちょっと渋いけどフレームに干渉していないし許容範囲だと思う)



これなら使えそうだ。
せっかくなので、春までに組み上げてみようと思う。





中古パーツで…。

拍手[2回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
avisports A-101の部品を流用して作ったSpecialized TC SPORTは、STIを装備していないので、変速が面倒なんだ。

いまは、下の写真のように、ハンドルにエクステンドバーをつけて、そこにグリップシフトをつけている状態。


これはこれで楽しいんだけど、やっぱり面倒。


いつかSTIに戻したいなーとヤフオクを見ていたらST-2300の右側だけが3,000円で売っていたので落札したよ。

年内に交換しようと思っていたんだけど、いろいろ重なって大晦日になっちゃった。

さあ、TEKTRO RL-520をST-2300に交換するよ。


ほいほいっと作業して1時間半ほどで完了。


ついでにリアディレイラーのアウターケーブルを黄色から青に変更してみた。
というか余りものを使っただけなんだけどね。



やっぱりSTIはいいね。それに新品だからシフトタッチもいい。

KIRON Mistralについてる、くたびれたSORAグレードのSTIよりもすごくいいね。

拍手[1回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
avisports A-101の部品をTC SPORTに移植してみて、改めて思ったよ。avisports A-101のフレームって重いね…。

フレームに、センタースタンド、リアディレイラーがついている状態で、吊秤で重量計測してみたら、重量オーバーで測定不能だった。

吊秤は5kgまで計測できるんだけど、少なくとも5kgより重いということだね…。

TC SPORTは、ヘッドセットに問題が残っている。

TC SPORTは、インテグラルヘッドのインテグレーテッドタイプのヘッドセットが採用されているんだけど、実はこれが罠だった。

データシートを見ると、確かにインテグレーテッドと書かれているんだけど、そこにはMindSetという見慣れぬ名称が記載されていた。実はこれ、SPECIALIZED独自規格のインテグラルヘッドのインテグレーテッドタイプらしい。

インテグレーテッドタイプなのに、ベアリングカップがヘッド内に圧入されていて、市販品のインテグレーテッドタイプのベアリングが入れられない。どこがインテグレーテッドタイプなんだよ!と突っ込みをいれたくなったけど、まあ仕方がない。

ヘッド内に黒いベアリングカップが入っている。見えるかな?


ベアリングカップをはずせば、市販品のインテグレーテッドタイプが使えるらしいんだけど、ベアリングカップが硬くてはずせない…。貫通ドライバーで何度も叩いてみたけど、ベアリングカップに傷が増えるだけで一向に外れない。

どうしようもないので、通常規格品のインテグレーテッドタイプのベアリングを無理やりフォークとステムで挟み込んで利用することにした。

正常に組み付けすると、ヘッド内にベアリングが収まるんだけど、いまはベアリングが上下からはみ出していて格好悪い。正常に組み付けた状態ではないので、ヘッドが破損しそうでちょっと怖い。うーん、どうしようかな。

そのほかは、すこぶる調子がいい。何せ17.5kgから一気に10.3kgまで軽くなったのだから、漕ぎ出しが非常に軽くて楽しい。TC SPORTいいなー。たのしいなー。ヘッドセットさえなんとかなれば、もっと楽しいのに…。





拍手[2回]

entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村 自転車ブログへ
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
ねご
性別:
男性
自己紹介:
今年は忙しくて自転車イベント系は、参加すくなめかも。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク
フリーメール
flee.workメール
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新CM
[08/28 ねごさん]
[08/21 おやじ]
[07/09 ねごさん]
[07/07 DG-WORKS]
[07/07 ねごさん]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新TB
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
アクセス解析
plugin_bottom_w.png
Copyright LOOKな自転車 - MTBルック自転車 by ねご All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]