忍者ブログ

LOOKな自転車 - MTBルック自転車

ルックな自転車。メーカーのLOOKじゃないよ。

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
KIRON Mistralが完成したよ!完成するまで時間がかかったけど、じっくりと細部を調整しながら組み上げたので、セッティングはバッチリ!の、はず…。

とりあえず無茶しない程度に18kmほど走ってきた。





はやーい!と書きたいところだけど、走り始めはそんな感動はなかった。TREK7300に初めて乗った時のほうが、感動は大きかった。それでも、やはり速い感じがする。

しばらくして、30km/h程度の速度に達すると、ここからがすごかった。ここから更に加速できる。普通のことなのかもしれないけど、TREK7300やavisports A101では、30km/hが加速時の到達目標速度なんだけど、KIRON Mistralの場合は通過速度なんだね。

ロードバイクってすごいね。ちなみに最高速度は52km/hだった。まだ走りこんでいない段階で、この速度が出せるってすごいね。

各部のチェックが済んだら、もうちょっと長い距離を走ってみるので、レポートをお楽しみに!

ちなみに重量は9kgちょっとだよ。ロードバイクとしては重いけど、ねごさんにとっては、とっても軽いよ。

拍手[1回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
Wiggleからホイールとタイヤが到着したよ。
購入したホイールは、イーストンEA50。タイヤはミシュランPRO3 RACE。チューブは、シュワルベのロングバルブタイプを使用した。

このホイールにはリムテープが付属していないと書かれていたので、シュワルベのハイプレッシャーリムテープを購入しておいたんだけど、幅が広すぎて入らない(汗)
EA50は、622-13というサイズのリムで幅が13ミリしかない。対して、購入していたリムテープは18ミリ。

リムテープにもサイズがあることは知っていたんだけど、20Cとか23Cのタイヤがはまるホイールなんだから18ミリで大丈夫だろうと安易に考えていたら、失敗しちゃったわけだね。何事にも慎重を期せねばいけませんな。

さて、リムテープを再度購入しようかと、インターネットで物色してみたんだけど、13ミリのリムテープなんて売っていない。シュワルベのリムテープも14ミリが一番狭いようだ。他の人の事例を検索してみると、15ミリのリムテープが入ると書かれていたんだけど、また購入を失敗するのが嫌なので、13ミリ幅の製品を必死に探した。でも見つからない…。

仕方がない、14ミリのリムテープを買ってみようか…。と、あきらめかけた瞬間ひらめいた!

18ミリのリムテープの両脇を切っちゃえばいいじゃないか


さーて、切るぞー!


チョキチョキチョキ♪


チョキチョキチョキ♪


奮闘すること15分。いびつながらも、ハサミで切れた!さっそくホイールに装着してみると綺麗に収まってくれた!やったー。こんな事でも凄くうれしい!これぞ自作の醍醐味!(笑)


そして、ここからが大変だった。

購入した「ミシュランPRO3 RACE」は、国内で買うと一本5000円もする高級タイヤ!ねごさんは、こんな高級タイヤを使ったことがないし、ミシュランのタイヤを使うのは今回が初めてなので、ホイールに装着する作業を楽しみにしていた。

そして、びっくりした。ビードが固すぎる!はまらない!指が痛い。ひょっとしたら、イーストンのホイール径が少し大きいのかもしれないけど、とにかく固い!

シマノWH-R500にシュワルベルガノを装着した時は、タイヤレバーを使わなくてもはめられたのに、とにかく固い!固すぎる!TREK7300のチューブ交換のときもビードが固かったんだけど、これはそれよりも固い!なんせ、ビードの片方を入れるだけでタイヤレバーを使わないと入れられない始末。こんな固いビード、素人には無理だよ。これが初めてのタイヤ装着だったら、あきらめていただろうね。でも、ねごさんは、あきらめない。こんなの、オートバイのタイヤに比べたら全然柔らかい。その経験を思い出しながら、なんとか装着完了!こんなのとか言いながらも、30分もかかっちゃったよ…。2本目は1本目の経験を生かして15分で完了。それでも固いものは固い。

しかし、ツーリング中にパンク修理することになったら、さぞかし大変だろうなー。今度、シマノWH-R500にPRO3を装着して、この固さがホイールとタイヤのどちらに由来するものなのか試してみたいね。

さて、そんな苦労して取り付けたホイールとタイヤなんだけど、凄くカッコいい。もの凄く満足度が高い。いつかカーボンバイクを買ったときにも、このホイールを使うだろうな。ますますイーストンが好きになった(笑)

組みあがったホイールをフレームに装着してみると、おお!なんてカッコいいんだ!自分で組んでいるだけに、そこらの自転車よりも何倍も格好良くみえる

そして翌日には、JensonUSAからハンドルとステムも到着!


さて、部品も揃ったことだし、組み上げちゃうか!と意気込んでみたところ、フロントディレイラーのバンド径が小さくて、シートステーに装着できないことが判明した。うわー、またやっちゃったか。ということで、こっちは削るわけにもいかないので、再注文したフロントディレイラーが届くのを待っているところ。


梅雨入りする前に組み上げたいなー。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
イギリスからKIRON Mistralフレームが到着!

いそいそと開封して検分してみると、予想していたよりも軽い!塗装の質感も及第点!これ、結構いいんじゃないか?

フォークとシートポストがイーストン製なんだけど、フレームのチェーンステーにもイーストンのデカールが貼ってあった。調べてみたら、イーストンのパイプを使って、オランダで製造されているらしい。メイド イン オランダ!なんだかカッコいいね(笑)

オランダと言えばKOGAだね。ひょっとしてKOGAで製造されてるんじゃないかなーなんて妄想しながら、いそいそとヘッドセットを組み込んだ。クラウンレースの圧入に手間取ったけど、このフレームには満足した。

よーし、avisports A-101から部品を外して、移植するぞーと意気込んでみたんだけど、なんだかもったいなくなってきた…。

avisports A-101は、部品を外したら廃棄するつもりだったんだけど、計画を全部撤回することにした!avisports A-101からはぎ取る部品は、STIレバーだけ!ホイールもドロップハンドルも全部残しちゃうぞー、あはははははっ!

avisports A-101は、そのまま通勤で使っちゃうぞー!

ということで、勢い余ってホイールとか、ディレイラーとか、クランクセットとか注文しちゃったよ。

ホイールは、イーストンのEA50、タイヤはミシュランのPro3 RACEという、ねごさんにとっては豪華な仕様!

ついでに、JensonUSA.comで、イーストンのハンドルとステムがバーゲン価格で売っていたので購入しちゃった。

ディレイラーと、クランクセットは、国内のタキザワサイクルに発注!


ということで現在は、各パーツの到着を待っている状態。今月中に組みあがるかなー、乗るのが楽しみだ。

拍手[1回]

entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
フリーエリア
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村 自転車ブログへ
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
ねご
性別:
男性
自己紹介:
今年は忙しくて自転車イベント系は、参加すくなめかも。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
リンク
フリーメール
flee.workメール
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新CM
[08/28 ねごさん]
[08/21 おやじ]
[07/09 ねごさん]
[07/07 DG-WORKS]
[07/07 ねごさん]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新TB
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
アクセス解析
plugin_bottom_w.png
Copyright LOOKな自転車 - MTBルック自転車 by ねご All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]